サービスの使いやすさ気軽にできることは鉄則です|保険見直し相談室

上限に注意しよう

保険の節税対策

保険とお金の関係性を考えた時に、節税対策を取るようにするのはとても需要な観点です。しかしながら、保険による節税対策には上限がある事に注意が必要です。 この上限は平成24年から現在のものに変更となっています。 具体的には、所得税と住民税が税控除の対象となっています。 所得税では年間の保険料が8万円以上の時に一律4万円が控除されます。 また、住民税では、年間の支払額が56000円以上の時、一律28000円が控除されます。 これが上限額となっているので、加入すればするほど節税対策になるという訳ではありませんので、注意しましょう。

いろいろな控除の種類を知ろう

保険に加入していると得られる節税効果は、「保険料控除」と呼ばれる税額控除のことを指しています。 この控除ですが、実はいろいろな種類があります。 一つは、「一般生命保険料控除」です。これは、死亡保障や入院保障などが中心のものです。 そして、もう一つは「個人年金」に対する控除です。将来の自分のために年金を準備する感覚で入れる保険ですが、これ専用の税額控除が用意されているのですね。 最後にご紹介するのが、「介護医療」に対する控除です。これは、新たに追加された控除として、まだ広く認知されていません。 これから来る介護時代の主役となる控除かもしれませんね。 その名の通り、内容としては介護などに関連し、生存時に関わる控除となっています。

Copyright (c) 2015 サービスの使いやすさ気軽にできることは鉄則です|保険見直し相談室 all reserved.